石材店とのトラブル事例とその対策

Main 6bf95675acb0e2f5736b663e0de12b91

[PR]創業400年 石長

お墓を建てる際、墓石を石材店から購入することになりますが、思わぬトラブルに見舞われてしまったという話をたびたび耳にします。今回は、なぜ墓石購入時のトラブルは起こりがちなのか(業界特有の事情に起因することが多い)、トラブルの事例、未然に防ぐための対策などを紹介したいと思います。

index 目次
  1. 1. 石材店とのトラブル事例
  2. 2. トラブルを生む要因は?
  3. 3. トラブルを招かないための対策
  4. 4. お墓に関する悩みの相談窓口

1.石材店とのトラブル事例

墓石の購入にまつわるトラブルは珍しいものではなく、ここ数年は国民生活センターへの相談件数が1年あたり1,300件台で推移しており、減る様子はなさそうです。墓石購入にまつわるトラブルは意外と身近な問題であることがうかがえます。

参考:墓・葬儀サービス(各種相談の件数や傾向)国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/sougi.html

トラブル事例には、さまざまなものがありますが、なかでもよく聞かれる事例として次のようなものが挙げられます。

ぼったくりにあう

墓石を購入しようと見積もりを依頼した際、「同じようなお墓を建てた知り合いから聞いていた金額よりも明らかに高額だった」という話を聞くことがあります。一生のうちに何度も購入することはまずない石材。その価格相場は一般の人には掴みにくいため、足元をみて見積金額を本来の価値にそぐわぬ高額な設定で提示してくる業者もいるようです。また、ほとんどの民営霊園や寺院墓地では後にも触れる「指定石材店制度」が用いられており、他社との相見積もりをとることができないという制約があります。それをいいことに強気の価格を提示してくる業者も存在するようです。

石材店の変更ができない

担当者の態度が好ましくなかったり、提示価格が高すぎたりといった理由で取引する石材店を変更しようとしても、民営霊園や寺院墓地の場合には認められないケースがあります。このトラブルも、「最初に担当した業者からの変更は認められない」という指定石材店同士の取り決めがあることに由来しています。

墓石の材質や使用量が異なる

一般の人には墓石の品質や産地を見極めたり、使われている量を計算したりすることなどが極めて困難なため、そこに付け込まれて詐欺被害にあったという相談も国民生活センターや各地の消費生活センターに数多く届けられているようです。具体的には「発注した石材よりも安価なものにすり替えられていた」「相談なく高級な石材に変更したといわれ、追加費用を請求された」「本来使用すべき量よりも少ない量で施工された」などといった事例が見受けられます。

墓石の購入にまつわるトラブルには、これら以外にも「彫刻の書体や墓石の加工処理が依頼していたものと違う」「施工の日程が遅れる」「代金の支払い条件が発注時と異なる」などといった例があります。

>>信頼できるのは老舗。創業400年 石長、鎌倉石工の伝統技術による美しい墓を。

2.トラブルを生む要因は?

指定石材店制度

先に触れたように、墓石購入にまつわるトラブルの種になりがちなものとして、ほとんどの民営霊園や寺院墓地でとられている「指定石材店制度」があります。「指定石材店制度」とは、お墓を建てる際に霊園や寺院が指定した石材店以外では墓石を購入できない取り決めのことです。1つの霊園で複数の指定石材店がある場合でも、指定石材店同士で「基本的に霊園見学時に最初に案内を担当した石材店が販売まで一貫して担当する」、「顧客は一度担当となった石材店を変更することができない」などの約束が交わされています。つまり買い手側の自由を妨げるいくつかの制約があり、これが多くのトラブルの元になっています。

>>悠久の時を超え佇む美しい石。墓にも格式があるのをご存知ですか。400年の伝統技術を受継ぐ鎌倉石工がお墓選びをご案内します。

知識や意識の欠如

指定石材店制度以外にも、墓石購入に関する買い手側の知識の乏しさを突かれて、石材店側のいいなりになり墓石代がかさんでしまうケースもあります。また、お墓の建立を頼んだ後、定期的な進捗のチェックを怠り、進行を石材店に任せっきりにしていたがために工期が遅れてしまうなど、買い手側の意識や関心の低さが起因してトラブルに発展していく例もあるので注意が必要です。

3.トラブルを招かないための対策

ある程度の知識をつけておく

無用のトラブルを避けるために、消費者としては、石材店とは適度な緊張感を保って付き合っていくのが理想です。そのためには墓所や墓石の購入に関する最低限の知識を備えていなくてはなりません。お墓を建てたことのある友人や知人から話を聞くほか、霊園の見学に出向くよりも前に相場などをインターネットでしっかり情報収集しておくことも有益です。日本石材産業協会が主催する「全国お墓なんでも相談室」を利用するのもおすすめです。

参考:全国お墓なんでも相談室(一般社団法人 日本石材産業協会)
http://ohaka-madoguchi.com/conference/

契約書や覚書を交わす

墓石購入の際には、一般的に契約書を交わす手続きが取られます。契約書を交わしておくことで、双方で共通の認識が持てるようになり、トラブルが生じた際には書面による証拠として拠り所となります。契約書を交わすことに抵抗するような石材店は将来的にも安心して付き合っていくことができないので、避けた方が無難です。

契約書の内容として明記・確認しておくべきは、

  • 代金の金額や支払い方法
  • 納期
  • 発注した石材の種類と量
  • 文字の彫刻や加工の依頼内容
  • 違約時の取り決め

などが挙げられます。

より詳細な取り決めや追加の決定事項などがあれば、「別紙」という形でまとめることもあります。契約前に内容をしっかり理解し、わからないことがあればきちんと石材店に確認しましょう。誠実な石材店であれば真摯に対応してくれるはずです。

契約書、別紙ともに双方の割り印を押して、一緒に閉じておくようにしましょう。併せて、石材の「産地証明書」や「保証書」なども可能な限り入手しておくと安心です。

信頼できる石材店を見極める

安心してお墓を建て、維持していくためには、信頼できる石材店の存在が欠かせません。

お墓を建てた後も代々付き合っていくことになる石材店は慎重に選びたいものです。その見極め方としては、石材店のこれまでの実績が一番の参考になるでしょう。長い年月多くの人たちに選ばれ続けてきた石材店にはそれなりの理由があるはずで、実績はそのまま信頼の証といえます。とはいえ自身との相性などもあるので、不安な場合は候補となる石材店に事前に連絡を取り、「墓石についての相談」という形で接触してみてもよいかもしれません。

>>創業400年 石長。鎌倉の地に根付き江戸時代から石工の伝統技術を今に伝える信頼の石材店で美しい墓を。

霊園や墓地よりも、先に「石材店」を決める

多くの民営霊園や寺院墓地では、先に紹介した「指定石材店制度」があるため、意図している石材店からの購入ができなくなったり、思い描いていたデザインのお墓が建てられなくなったりする懸念があります。トラブルなくお墓の建立を進めるために信頼できる石材店を探すのであれば、お墓を建てる霊園や墓地を探す前にまず石材店にアプローチしましょう。石材店は墓石の購入に関する相談に乗ってくれるだけでなく、自社が指定石材店となっている霊園や墓地から条件に合ったところの紹介もしてくれるので、トータルサポートをしてくれるパートナーとして頼りになります。

創業400年の老舗、石工の伝統技術を受け継ぐ石材店

SOBANI編集部が自信をもっておすすめするのは、鎌倉市に本拠を構える「石長」。創業400年という老舗中の老舗で、関東地方での石材店としては最大手の1つです。石材を巧みに加工する石工の伝統技術はお墓だけのものではありません。神社仏閣、建築、内装など、実は身の回りの様々な箇所で必要とされる特殊技術で、歴史を経て磨き上げられ、受け継がれてきたものです。

石長では四代目が江戸前期(1697年)に鶴岡八幡宮の太鼓橋を手掛けており、十二代目が江戸末期(1862年)に同じく鶴岡八幡宮の石灯籠を手掛けています。明治以降も各地の「石」が必要とされる事業に携わり、昭和に入ってからは1964年に十七代目が鎌倉大仏の蓮華座を施工しています。他にも鎌倉幕府を開いた源頼朝の墓、宮内庁葉山御用邸の石工事など、現代でも着実な実績を残し続けています。それら江戸から続く石長代々の石工たちの仕事は、今でも私達誰しもの目に触れられるところに在り続けています。

こと「石」ということにかけて、石長が積み重ねてきた実績に比肩できる石材店は日本中を探してもなかなかありません。鎌倉の象徴のひとつ、鶴岡八幡宮での石工事を代々手掛けているという一事を見ても、「人の一生を超える価値のあるお墓」を建てようと考えたときに、信頼するに足る石材店だといえるでしょう。

現在石長では、ご自宅にいながらビデオ通話を使って霊園の見学ができる、リモート霊園見学のサービスも開始されているとのこと。業界最多の1500カ所の中から、見たい霊園が選べリモートで見学できるというすごいサービスです。気になる霊園があれば、まずは相談してみるとよいでしょう。
(株式会社石長 公式サイト フリーダイヤル0120-00-1413

対面せずにお家でお墓探しの画像
石長表玄関画像
石長受付ホール

4.お墓に関する悩みの相談窓口

お墓の購入に関する悩みやトラブルが生じた場合、頼りになるのが専門的な知識を備えた団体の相談窓口です。

お墓の窓口

一般社団法人日本石材産業協会が運営するお墓に関する総合相談窓口です。トラブルにまで発展していない問題や墓石購入に際しての不安事項がある場合にも対応してくれます。webサイトのフォームのほか、電話やFAXによる相談も受け付けています。

参考:お墓の窓口(一般社団法人 日本石材産業協会)
http://ohaka-madoguchi.com/

国民生活センター・消費生活センター

実際にトラブルに発展してしまったり、トラブルになる気配があったりするような場合には、独立行政法人の「国民生活センター」や自治体が運営する「消費生活センター」に相談するのがお勧めです。過去に数多くの事例を扱ってきているので、それぞれの事例に即した対応策を教示してくれるでしょう。

参考:墓・葬儀サービス(各種相談の件数や傾向)国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/sougi.html

なかにはお墓トラブルに強い弁護士もいるので、上記の団体で問題が解決できない場合には探して相談してみるのもひとつの方法となります。

5.創業400年 石長がおすすめする霊園

先に「霊園や墓地よりも先に石材店を決める」ことを提案しましたが、墓石そのものと並んでお墓を建てるにあたっての重要な要素が霊園選びですね。そしてさまざまな霊園の地理条件や風土、設備などを知り尽くしている老舗石材店こそ、霊園選びのアドバイザーとして最も頼もしい存在と言えます。創業400年の石長がカバーする1500以上の霊園から、今回は特におすすめの霊園をチョイスしてもらいました。

国宝・重要文化財を擁する古刹・名刹

まずは、古刹・名刹として知られる霊園です。
神奈川県鎌倉市にある、建長寺。建長寺は今を去ることおよそ750年前、1253年に創建されました。鎌倉五山の筆頭に挙げられ、山門の梵鐘をはじめ3つの国宝と数多くの重要文化財を擁し、境内と庭園は国の史跡に指定されています。臨済宗建長寺派の総本山として、全国から多くの拝観者や参禅者が集まっています。これほど名のある寺院にお墓を構えるのは、たいへんに名誉なことといえるでしょう。

建長寺

富士の眺望を仰ぎ、多くの著名人が眠る墓所

次に、著名人が眠ることで知られる霊園として、鎌倉霊園をご紹介します。民営の公園墓地としては長い歴史を誇り、富士山を望む眺望のよさは墓参の足を軽くしてくれることでしょう。
ここ鎌倉霊園に眠る著名人として、まず名前を挙げておかなければいけないのは杉原千畝(すぎはらちうね)です。第二次世界大戦中、外交官としてリトアニアに赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害を受けていたユダヤ人など難民を救うため、6000人に及ぶ避難民に独断でビザを発行。「命のビザ」と呼ばれました。
芸術界からは川端康成です。『伊豆の踊子』『雪国』など端正で美しい文で綴られた作品は世界的にも高く評価され、日本人初のノーベル文学賞受賞者となりました。
日本の歴史に残る偉人たちと同じ墓所に眠る、これ以上のステータスはなかなかないでしょう。

鎌倉霊園

その他のお勧め霊園

他にもお住まいのエリアや家族の希望に合わせた霊園選びの相談には、きっと真摯に応えてくれるはずです。 気軽に相談してみましょう。
(株式会社石長 公式サイト フリーダイヤル フリーダイヤル0120-00-1413

Text by:松田 朝九
Zayu ohaka1 sp Zayu ohaka1 pc

ZAYUは、自宅に納骨するという、新しい供養スタイル。

納骨の場所を自宅にすることで、故人をいつも身近に感じながら、日常の中で毎日手厚くご供養できます。

Zayu ohaka2 sp Zayu ohaka2 pc

自宅でお参りできるZAYUのミニ骨壷なら、お墓参りに行けないときも、毎日手厚いご供養ができます。

日本の風土と伝統工芸のあたたかみと、独自の3層構造による機能性を兼ね備えた美しいデザインのZAYUで、安らぎを暮らしの中に。

Zayu ohaka3 sp Zayu ohaka3 pc

Zayu copy pc

Zayu top sp Zayu top pc
  • 思い切って手放したい
  • 場所をとるのをどうにかしたい
  • お墓や納骨堂、意外と高いな・・・
  • 部屋に置いておくには、
    骨壺の見栄えがちょっと・・・
Zayu copy1 sp Zayu copy1 pc 0106

Zayu copy5 sp Zayu copy5 pc

こんな方は・・・

  • ご遺骨・骨壺を自宅で安置・保管しているが、納骨をどうすべきか悩んでいる...
  • お墓を建てるほどの費用はかけられないかも...
  • 自宅で安置・保管するには、場所を取りすぎるのが悩み...
  • 手元にずっと置いておきたいが、来客時に目につくのが、ちょっと困る...
  • 骨壺や骨袋のデザインがあまり好きではない...
  • 思い切って手放したいと思うが、いい方法が見つからない...