おばあちゃんの遺骨、公園に埋めちゃおうかな ―遺骨を置き去りにしたらどうなるか

「おばあちゃんの遺骨を公園に埋めちゃおうかな」と友人に昔言われたことがあります。お墓もないし、納骨堂などに納めるお金もないというのです。それは法律に反する(日本では墓地以外の場所に遺骨を埋めるのは法律違反になる)のでもちろん止めましたが…。何かの拍子に遊んでいた子どもたちが遺骨を掘り返してしまい驚く、という漫画みたいな様子まで想像してしまったものですが、その後おばあちゃんの遺骨はどうしただろうか、と今でも思うことがあります。

この友人のように家族が亡くなったが納骨するお墓がなくて困っている人は少なくありません。お墓を建てたり維持するお金もない、火葬はしたが不仲だったので遺骨を引き取りたくない、付き合いがなかった遠縁の遺骨を引き取ることになり困っている……そんな悩みを抱えている人も多くいます。

今手元にあるこの遺骨を一体どうすればいいのか。そう悩んだ人がお寺や公園、サービスエリアや駐車場、電車やバス、コインロッカーに置いてきてしまう、捨ててしまうケースがあります。

index 目次
  1. 1. 置き去りにされる遺骨
  2. 2. 遺骨の置き去りは、死体遺棄罪
  3. 3. スーパーのトイレに妻の遺骨を流して書類送検
  4. 4. 所有者のわからない遺骨はどこへゆく
  5. 5. お墓に納めなければいけないという法律はない

1 置き去りにされる遺骨

毎日新聞の調査によると、2013年~2016年までの3年間で落とし物として全国の警察に計届けられた「人の遺骨」は203件。そしてその8割以上の166件について落とし主が見つかっていません。「落とし物」とされているとはいえ、遺骨の処分に困った家族が置いてきてしまった、捨てたケースがほとんどだと考えられています。引き取り手のない遺骨は、その後警察から依頼された寺院などで無縁仏として供養されているそうです。

出典
毎日新聞「人の遺骨 置き去りか 8割以上「落とし主」が見つからず」2017年9月9日
https://mainichi.jp/articles/20170909/k00/00m/040/201000c (外部リンク)

2 遺骨の置き去りは、死体遺棄罪

このように遺骨が入った骨壺を置き去りにした、または捨てた場合どうなるのでしょうか。結論から言うと、遺骨(骨壺)を誰が置いてきたのか、捨てたのか、遺骨の持ち主が明らかになるかどうかによって変わってきます。遺骨の持ち主が分かっていれば、遺骨を捨てた、としてその人を罪に問えるからですが、その根拠は刑法190条にあります。遺骨を捨てることは死体を遺棄するのと同じで、死体遺棄罪に問われる可能性があります

刑法第百九十条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。
(墳墓発掘死体損壊等)

3 スーパーのトイレに妻の遺骨を流して書類送検

刑法第190条の死体遺棄罪に問われることになります。そしてもし有罪になれば3年以下の懲役刑に処されます。実際に、2015年には生前妻を憎んでいたとしてスーパーのトイレに妻の遺骨を流してしまった夫が死体遺棄の疑いで書類送検されるという事件や、遺骨や骨つぼをまったく関係のないマンションのゴミ集積所に不法投棄したとして、改葬業者が遺骨遺棄と廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されるという事件もありました。

「妻の遺骨をスーパーのトイレに遺棄…「憎んでいた」骨壺持って出頭 68歳夫を死体遺棄容疑で立件」(産経ニュース 2015年5月22日)
https://www.sankei.com/affairs/news/150522/afr1505220025-n1.html (外部リンク)
「ゴミ集積所に遺骨捨てた疑い 「改葬」請負人の男を逮捕」(朝日新聞2018年7月19日)
https://www.asahi.com/articles/ASL7L4VTBL7LUTIL02M.html (外部リンク)

4 所有者のわからない遺骨はどこへゆく

骨壺の持ち主が分からない場合は、財布やスマートフォンなどと同じように「遺失物」つまり忘れ物として扱われます。駐車場や公園、サービスエリアなどに忘れた、置き去りにしたという場合は最寄りの交番や管轄の警察署に届けられます。電車やバスなどの交通機関の場合は、各鉄道会社に問い合わせたところ、一般的な忘れ物とまったく同じ扱いで一定期間は鉄道会社側で保管する会社と、ただちに警察に引き渡すという鉄道会社がありました。

JR西日本

骨壺も一般的な忘れ物と同様の取り扱いです。いったん駅へ集められ、一定期間保管し所轄の警察署へ引き渡されます。
(西日本旅客鉄道株式会社 CS推進部 JR西日本お客様センターより回答)

東京メトロ

骨壺と一般的な忘れ物の取り扱い方法が異なります。一般的な忘れ物は、東京メトロ南北線飯田橋駅構内にある「お忘れ物総合取扱所」に集められて3~4日保管され、それ以降は警視庁遺失物センターに移送されます。しかし駅や「お忘れ物総合取扱所」に届いた骨壺は、「遺失物」として最寄りの交番や警察署に引き渡されます。
(東京地下鉄株式会社広報部 広報課より回答)

東京都交通局(都営地下鉄および都バス)

骨壺も一般的な忘れ物と同様の取り扱いです。以下のような流れで持ち主が判明しない場合は警察に引き渡されます。

  1. 都営地下鉄では拾得または届出当日は、拾得または届出があった駅へ保管されます。都営バスでは、路線を管理する営業所(事業所)に保管されます。
  2. 翌日に各駅を管理する駅(都庁前駅、練馬駅、市ヶ谷駅、巣鴨駅、高島平駅、上野御徒町駅、馬喰横山駅、本八幡駅、新橋駅、門前仲町駅、浅草橋駅、大門駅、青山一丁目駅、五反田駅、日比谷駅、神保町駅)へ集められます。終点駅である西馬込駅、西高島平駅、光が丘駅は、各駅でお忘れものセンター回送日まで保管されます。
  3. 忘れ物は拾得した日を含めて原則3日目に「お忘れものセンター」へ送られます。
  4. 「お忘れものセンター」に送られた忘れ物は、拾得または届出の日から1週間以内の日までに持ち主が判明しない場合は、警視庁遺失物センターへ引き渡します。

(都営交通お客様センターより回答)

各交通機関などから、警察に届けられた骨壺は、遺失物法の規定に基づいて持ち主の所有権が無くなるまでの3か月間、警察が保管します。保管期間が過ぎても持ち主が見つからない場合は、警察が寺院や自治体に引き取りを依頼することになります。

5 お墓に納めなければいけないという法律はない

お墓をめぐっては本サイトでもたびたび取り上げている通り、代々の家墓の承継の難しさなどから混乱期にあるといってもいい状況です。今後、167万9千人と日本の死亡数がピークを迎える2040年に向けて、お墓がない、お墓を建てたり維持するお金もない、遺骨を引き取ってしまったがどこに置けばいいのか分からない、遺骨を一体どうしたらいいのか、という悩みはますます増えていくかもしれません。

そもそも火葬が済んで骨壺に納められた遺骨は、法的にお墓に納めなければならないというわけではありません。宗教的にも納骨しないと「成仏できない」というわけでもありません。遺骨の入った骨壺は、自宅にそのまま置いておいても何の問題もないのです。

いい言い方ではありませんが遺骨の「処分」や置き場所は、お墓やお金がなくても、いったんお寺で預かってもらったり、自分で粉骨して散骨する、手元供養したあとに合葬するなど、選択肢は決して多くはないですが、下記のような方法があります。

自宅納骨のZAYU
https://www.zayu.jp/
散骨の普及背景と実施する際のポイント、費用
https://sobani.net/articles/sankotsu-haikei
手元供養とは ―普及の背景と段取りの基本
https://sobani.net/articles/temotokuyotoha

四十九日や一周忌までに納骨をしなければいけない、というきまりもありません。ゆっくり時間をかけて遺骨をどうするか調べたり、相談したりすればいいことなのです。

Text by:AISA
Zayu ohaka1 sp Zayu ohaka1 pc

ZAYUは、自宅に納骨するという、新しい供養スタイル。

納骨の場所を自宅にすることで、故人をいつも身近に感じながら、日常の中で毎日手厚くご供養できます。

Zayu ohaka2 sp Zayu ohaka2 pc

自宅でお参りできるZAYUのミニ骨壷なら、お墓参りに行けないときも、毎日手厚いご供養ができます。

日本の風土と伝統工芸のあたたかみと、独自の3層構造による機能性を兼ね備えた美しいデザインのZAYUで、安らぎを暮らしの中に。

Zayu ohaka3 sp Zayu ohaka3 pc

Zayu copy pc

Zayu top sp Zayu top pc
  • 思い切って手放したい
  • 場所をとるのをどうにかしたい
  • お墓や納骨堂、意外と高いな・・・
  • 部屋に置いておくには、
    骨壺の見栄えがちょっと・・・
Zayu copy1 sp Zayu copy1 pc 0106

Zayu copy5 sp Zayu copy5 pc

こんな方は・・・

  • ご遺骨・骨壺を自宅で安置・保管しているが、納骨をどうすべきか悩んでいる...
  • お墓を建てるほどの費用はかけられないかも...
  • 自宅で安置・保管するには、場所を取りすぎるのが悩み...
  • 手元にずっと置いておきたいが、来客時に目につくのが、ちょっと困る...
  • 骨壺や骨袋のデザインがあまり好きではない...
  • 思い切って手放したいと思うが、いい方法が見つからない...